不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合のことについてとりあげてみたいと思います。不動産を手放す際に、不動産会社に仲介に入ってもらって売地や売家の広告を出してもらうということも多いとおもいますが、不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。

 

この方式ですと、不動産の買取額は会社によって買取価格にはかなり開きがあったりしますので、自分が売りたい土地や家を不動産会社はいくらで査定するのかきちんと確認しておく必要があると思います。不動産業者に売却を検討する場合では大切なのは、提出された見積もりが思ったよりも安い時は、ほかにも数社、その不動産の買取価格を見積もりしてもらったり、あらかじめ数軒の不動産会社に不動産買い取り査定を依頼しておくことをすべきではないかと考えます。

 

その他にも、例えば、場合によって仲介物件ということで広告をして買い手が見つからなかったら不動産会社で買取をすることを考えるといったケースもあるようです。ただし、実際によくあるのは、不動産業者は仲介手数料だけもらうより、安く買取って、高く売った方が儲かるので現実には買い手は居たにもかかわらず、ウソを言ってなかなか買い手がつかなかったとして不動産会社が買い取ったという形にして足元を見て安い価格て買取りしようとして高く売却して利幅を取ろうとするような悪徳不動産業者もありますので気を付けなければいけません。